コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春泥 シュンデイ

4件 の用語解説(春泥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐でい【春泥】

春の、雪解けや霜解けなどによってできたぬかるみ。 春》「―を人罵りてゆく門辺/虚子
[補説]書名別項。→春泥

しゅんでい【春泥】[書名]

久保田万太郎の小説。昭和3年(1928)1月から4月にかけて大阪朝日新聞に連載。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんでい【春泥】

春の、雪どけ・霜どけなどによるぬかるみ。 [季] 春。 《 -に押しあひながら来る娘 /高野素十 》

しゅんでい【春泥】

小説。久保田万太郎作。1928年(昭和3)「大阪朝日新聞」連載。震災後の東京の町の変貌を背景に、新派の一座の悲運を情緒豊かに描く。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春泥の関連情報