コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春泥 シュンデイ

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐でい【春泥】

春の、雪解けや霜解けなどによってできたぬかるみ。 春》「―を人罵りてゆく門辺/虚子
[補説]書名別項。→春泥

しゅんでい【春泥】[書名]

久保田万太郎の小説。昭和3年(1928)1月から4月にかけて大阪朝日新聞に連載。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんでい【春泥】

春の、雪どけ・霜どけなどによるぬかるみ。 [季] 春。 《 -に押しあひながら来る娘 /高野素十 》

しゅんでい【春泥】

小説。久保田万太郎作。1928年(昭和3)「大阪朝日新聞」連載。震災後の東京の町の変貌を背景に、新派の一座の悲運を情緒豊かに描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

春泥の関連キーワードじょうびったりうじゃじゃける終わり・終りちょろっか伊藤 鷗二大場白水郎ずっこける中村 貞以ちょろり呼上げる春泥尼抄黒柳維駒中村貞以糟を食う黒柳召波棒を引く神西 清高野素十小川雨虹今東光