小倉(読み)オグラ

デジタル大辞泉の解説

おぐら〔をぐら〕【小倉】

小倉餡(あん)」の略。
小倉汁粉」の略。

おぐら【小倉】[地名]

京都市右京区の小倉山付近一帯の古称

こくら【小倉】

北九州市の小倉北区小倉南区の総称。もと小笠原氏の城下町。明治33年(1900)市制昭和38年(1963)北九州市の設置により区制、昭和49年(1974)2区に分かれる。
小倉織(おり)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小倉【こくら】

地厚な綿織物の一種。撚り糸を引きそろえて平織,綾織,繻子(しゅす)織にする。紡績絹糸による絹小倉もある。黒,紺,霜降などが多く,丈夫なので学生服,作業服,男帯,袴(はかま)などにする。もとは福岡県小倉市(現北九州市小倉北区,小倉南区)で織られていたが,近年は岡山県,愛知県などが主産地である。
→関連項目日田彦山線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくら【小倉】

福岡県北部,北九州市中部の地区名。1900年市制。63年門司,戸畑,八幡,若松の4市と合体して北九州市を形成,小倉区となり,74年に小倉北区,小倉南区に分かれた。企救(きく),貫(ぬき),福智断層山地が広がり,その間を北流する紫川三角州に中心市街が位置する。山陽新幹線鹿児島本線日豊本線,国道3号,10号線,九州自動車道に続く北九州道路など,九州の陸上交通の幹線のほとんどが集まり,関門海峡をはさんで本州と連絡する交通の要地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おぐら【小倉】

◇ 京都市右京区にある小倉山一帯の古名。
「小倉餡あん」「小倉汁粉じるこ」の略。

おぐら【小倉】

姓氏の一。

こくら【小倉】

◇ 福岡県北九州市の商業・行政・交通の中心地区。もと独立の市で、江戸時代は小笠原氏の城下町。
[0] 「小倉織」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕小倉(おぐら)


京都府京都市右京区嵯峨(さが)にある小倉山付近の古名

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おぐら をぐら【小倉】

[1]
[一] 京都市右京区の地名。古くは嵐山の北方、小倉山付近一帯をいった。
[二] 「おぐらやま(小倉山)」の略。
[三] 京都府宇治市の地名。かつての巨椋(おぐら)池東南岸にあたり、大和街道が通じる。
[2] 〘名〙
③ 「おぐらじるこ(小倉汁粉)」の略。〔明治世相百話(1936)〕

こくら【小倉】

[1]
[一] 福岡県北九州市の地名。響灘に面する。小笠原氏一五万石の旧城下町。古来、水陸交通の要所にあたり、明治中期以後は軍都として栄え、九州北部の商業中心地ともなる。明治三三年(一九〇〇)市制。昭和三八年(一九六三)北九州市小倉区となり、同四九年に小倉北区・小倉南区に分区。
[二] 明治四年(一八七一)の廃藩置県により、豊前国に成立した県。同九年(一八七六)北部が福岡県に、南部が大分県に編入された。
[2] 〘名〙
※浮世草子・男色大鑑(1687)六「小倉(コクラ)の男帯に細目布のはしつぎ左の脇腹にむすびとめ」
② 「こくらまつり(小倉祭)」の略。〔俳諧・毛吹草(1638)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小倉の関連情報