コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国の高速鉄道 ちゅうごくのこうそくてつどう CRH//China Railway High-speed

2件 の用語解説(中国の高速鉄道の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

中国の高速鉄道

外国からの技術移転によって生産された数種類のCRHシリーズ高速鉄道車両、もしくはこれらが運行される鉄道路線のこと。これによって従来の中国国内の鉄道路線の所要時間を半減させる高速化が図られた。高速鉄道新線の営業運転での最高速度は時速350キロメートルに及び、安全性、経済性の観点から現在は時速300キロメートルで運行している。この他、高速鉄道としてはリニアモーターカーによって上海市内と上海浦東国際空港を結ぶ、上海トランスラピッドも含めて扱われる場合もある。
中華人民共和国経済発展に伴って鉄道の高速化が焦眉(しょうび)の急とされ、1990年代初頭には北京・上海を結ぶ高速鉄道の建設が求められるようになった。在来線の輸送能力向上のため、ルートの改良などにより97年以降何度かのダイヤ改正が実施され、速度の改善(時速160キロ程度)が進められた。2007年のダイヤ改正からはCRHシリーズの鉄道車両(通称「和諧(わかい)号」)が導入された。「和諧」とは「調和」の意で、胡錦濤(フー・チンタオ)政権が04年から主張する「和諧社会(調和ある社会)」、「和諧発展(調和ある発展)」などのスローガンにちなむ。それまでの鄧小平(トン・シアオピン)の経済の高度成長を重視した改革開放の行きすぎを反省し、持続可能な発展を目指すというものである。また、2007年秋に始まった世界金融危機に伴い、内需拡大のための公共投資・内需拡大政策が進められたことによって、高速鉄道の建設ペースはより早められた。
和諧号に使用されるのは、CRH(China Railway High-speed)シリーズと呼ばれる車両。中国の鉄道は、一般に機関車のみを動力車とする動力集中方式であるのに対し、CRHは動力を複数の車両の床下に分散配置する電車方式をとる。CRHは外国からの技術移転により主に中国で生産され、CRH1はカナダボンバルディア社、CRH2は日本の川崎重工業、CRH3はドイツシーメンス社、CRH5はフランスのアルストム社の協力による。なお、CRH2は日本の新幹線「はやて」、「あさま」などとして活躍するE2系電車をベースにしたものである。
CRH380Aは11年6月30日から運行を始めた北京-上海間の高速鉄道の主力車両であり、CRH2を発展させて設計されたが、中国当局は独自に開発したものとし諸外国への売り込みを念頭に米国で技術特許を申請すると発表したため物議を醸していた。
なお、11年7月23日には、浙江省温州市の高架橋で落雷により停車中のCRH1系列車に後続のCRH2系列車が追突し、6両が脱線、うち2両が橋梁(きょうりょう)より落下して多数の死傷者を出す重大事故が発生した。事故原因を巡って運行管理面の欠陥が指摘されるほか、当局による事故隠しのような対応に批判が高まっている。

(金谷俊秀  ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国の高速鉄道

2005年から建設を始め、12年末の営業距離は9349キロと、日本の新幹線の3倍を超えて世界一。2020年に1・6万キロにする計画だ。日欧カナダなどから技術を買って車両を開発・生産、最高時速約300キロで走る。試験走行では486キロを記録している。

(2012-12-30 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国の高速鉄道の関連キーワード技術移転酵素欠損症畜産食品技術移転支援センター技術移転促進法技術移転プランナー総合技術移転事業ライセンス・サーベイAPECエンジニアTLO法(大学等技術移転法)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中国の高速鉄道の関連情報