コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自主開発 じしゅかいはつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自主開発
じしゅかいはつ

日本が必要とするエネルギーあるいは鉱物資源を,海外において日本の企業が資金および技術を出して開発・生産すること。海外の資源を最も確実に確保する方法である。石油では,アラビア石油,インドネシア石油,アブダビ石油などが現地で生産に参加している。金属では,ボリビアのワンサラ鉛亜鉛鉱山が最も成功した例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自主開発の関連情報