コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国移動 ちゃいなもばいる China Mobile

2件 の用語解説(中国移動の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

中国移動

中華人民共和国で最大手の携帯電話会社。1997年9月3日に香港で登記され、同年、香港証券取引所ニューヨーク証券取引所に上場した。契約者数は7億6000万人に達しており、中国の携帯電話ユーザー全体の6割以上を占める。
中国移動が提供する通信サービスには、GSM、TD-SCDMA、TD-LTE呼ばれる三つの規格と、IEEE802.11標準の無線LANシステムがある。
第2世代(2G)のGSMは、世界中で利用されているものの、古い規格であり、日本では使用されていない。
また、TD-SCDMは、第3世代(3G)であるものの、国際的な3G規格のW-CDMACDMA2000とは異なり、中国国内向けに独自で開発された規格である。そして、TD-LTEは、現在世界的に主流となっている第4世代(LTE)の一種であり、2013年12月18日にサービスが開始された。
なお、中国移動は、アップル社と提携し、14年1月17日から、中国移動のTD-SCDMAとTD-LTE向けのiPhone5s、5cを販売することを発表した。

(横田一輝  ICTディレクター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうごく‐いどう【中国移動】

中国の移動体通信会社。2000年に国営企業の中国郵電電信総局が固定通信事業中国電信)と移動体通信事業(中国移動)に分割されて発足。国内主要都市で中国独自の第三世代携帯電話(3G)の通信方式TD-SCDMAのサービスを提供。チャイナモバイル。中国移動通信中国移動通信集団公司

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国移動の関連キーワード国慶節中華人民共和国人民服アナログ携帯電話第一世代携帯電話第四世代携帯電話CHINCOM携帯電話の番号ポータビリティー(持ち運び)制SIM(シム)カード携帯電話の接続料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中国移動の関連情報