中地 熊造(読み)ナカチ クマゾウ

20世紀日本人名事典の解説

中地 熊造
ナカチ クマゾウ

昭和期の労働運動家 同盟初代会長;元・全日海組合長。



生年
明治38(1905)年2月10日

没年
昭和57(1982)年11月7日

出生地
島根県海士郡海士村(現・隠岐郡海士町)

学歴〔年〕
布施小学校卒

経歴
大正9年大阪に出て町工場で働いたのち船員となる。昭和3年社会民衆党に入党、8年日本海員組合に加盟。9年から海員組合革新同盟員として活動。10年新日本海員組合結成に参画、大阪支部長となる。戦後、22年副組合長を経て34年10月から41年10月まで全日本海員組合(全日海)組合長。39年11月から43年1月まで初代の全日本労働総同盟(同盟)会長。この間、35年民主党結成に参加、中央執行委員となり、のち顧問を務めた。43年より同盟顧問。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android