コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央海嶺玄武岩 ちゅうおうかいれいげんぶがんmid-oceanic ridge basalt

岩石学辞典の解説

中央海嶺玄武岩

上部マントルで発生するマグマの化学組成は,ハワイやアイスランドで直接マントル物質から発生したと見なすことができる熔岩がすべて玄武岩質であることから,玄武岩質であると考えられる.中央海嶺玄武岩は大洋中央海嶺系に産出する玄武岩の総称で,MORBと略記する.他の地域の玄武岩に比べて比較的均質な組成を有している.主にソレアイト質の玄武岩で,島弧のソレアイトに似た組成を持っている.海洋底玄武岩(ocean floor basalt),深海性ソレアイト(abyssal tholeiite),深海性玄武岩(abyssal basalt)などと同じで,様々な名称が用いられた.[Sun & McDonough : 1989, 長倉ほか : 1998, 地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

中央海嶺玄武岩の関連キーワードトランジショナル中央海嶺玄武岩プリューム中央海嶺玄武岩ホットスポット玄武岩デプリート・マントル富化中央海嶺玄武岩正常中央海嶺玄武岩海嶺性ソレアイトPTEソレー効果島弧玄武岩NMORB

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android