コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島勝義 なかじま かつよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島勝義 なかじま-かつよし

1858-1932 明治時代のジャーナリスト。
安政5年5月5日生まれ。明治9年「評論新聞」に投稿した日本民権論の記事で禁獄2ヵ月となる。出獄後「東京曙新聞編集長。10年大阪にうつり「攪眠(こうみん)新誌」主幹となるが発行禁止をうけ,「興民新誌」と名をかえる。19年以後,教育雑誌の発行にあたる。昭和7年7月15日死去。75歳。北海道出身。号は玩球,狩水漁長。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中島勝義の関連キーワードジャーナリスト明治時代

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android