コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筆禍 ヒッカ

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐か〔‐クワ〕【筆禍】

発表した著書・記事などが原因で官憲や社会から受ける制裁または処罰。また、そのような災難。「筆禍にあう」「筆禍事件」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひっか【筆禍】

文字の獄。著書や新聞雑誌その他に発表した文章が,権力批判,風俗壊乱を理由に官憲の処罰の対象となり,体刑,罰金,発売禁止などの処分をうけること。出版による文学や言論の広範な普及に対処するために,国家機関が検閲制度を強化するにしたがって筆の事例は増加するが,日本では宮武外骨の《筆禍史》(1911)に〈筆禍の史実は此徳川時代に入りて,政治史の片影と見るべき社会的事象の一と成りしなり〉とあるように,木版印刷が盛行する江戸時代初期から,出版物の取締りがはじまっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひっか【筆禍】

発表した文章の内容が原因となって、当局や社会から処罰を受けたり制裁を加えられたりすること。 「 -をこうむる」 「 -を招く」 「 -事件」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

筆禍の関連キーワードアンドレイ シニャフスキーチプト・マングンクスモ大阪朝日新聞筆禍事件ディンゲルシュテット朝日新聞筆禍事件レミ グールモンシュニッツラー鹿野武左衛門朋誠堂喜三二ゼンガー事件新美 卯一郎成三楼酒盛鳥井 素川喜多川歌麿峰岸 幸作丸山幹治山口孤剣毎日新聞山鹿素行恋川春町

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筆禍の関連情報