コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評論新聞 ひょうろんしんぶん

3件 の用語解説(評論新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

評論新聞
ひょうろんしんぶん

自由民権運動期の初期に発行された新聞。創刊は 1875年2月で,西郷隆盛に私淑していた鹿児島県人海老原穆の集思社から発行された。明治政府は,同年6月に新聞紙条例と讒謗律 (ざんぼうりつ) を公布して弾圧に乗出し,翌 76年発行禁止となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうろんしんぶん【評論新聞】

西郷隆盛配下の旧薩摩藩士海老原穆(ぼく)が設立した集思社(前身は集思堂)の機関誌。1873年1月,日本で最初の評論雑誌として創刊されたが,反政府的論調のため翌月には発行禁止となる。75年3月に再刊(月5回,のち月10回刊)。終始,政府当局の内政外交の批判や自由民権運動の正当性を主張する立場を貫いたが,76年7月同じく政府攻撃の急進派雑誌《湖海新報》《草莽(そうもう)雑誌》とともに発禁処分を受ける。同年8月《中外評論》と改題して発行,これも同10月第28号で禁止されると,さらに同11月《文明新誌》と改題して果敢な言論闘争を続けたが,やはり翌77年6月弾圧を受け,第41号で発禁となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

評論新聞
ひょうろんしんぶん

1875年(明治8)3月、海老原穆(えびはらぼく)(1830―1901)主宰の集思社から発行された政府批判雑誌。月5~15回刊。征韓(せいかん)論を支持し、民権論を主張、長州閥に反対する論旨で「大臣ヲ斬殺(ざんさつ)セヨ」(2号)、「圧制政府顛覆(てんぷく)スベキノ論」(62号)、「伊藤参議ニ郵便ヲ以(もっ)テ御首(みしるし)ヲ懇望シタル話」(99号)など過激な批判を満載したので、記者の禁獄、罰金相次ぎ、76年7月10日発行を禁止され、第109号で廃刊した。1873年1月、同名の雑誌が創刊されているが2号で廃刊している。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の評論新聞の言及

【社説】より

…イギリスでは1695年特許検閲法の廃止によって数多くの新聞が創刊された。ホイッグ,トーリーの二大政党の対立を背景にD.デフォーの《レビュー》(1704‐13),J.スウィフトが半年間論説を担当した《エグザミナー》(1710‐12),J.アディソンの《スペクテーター》(1711‐12)などが解説,論説を載せて評論新聞essay paperと呼ばれた。これらを社説の祖とみることができる。…

【海老原穆】より

…翌年愛知県官となったが73年下野。75年3月集思社を設立して《評論新聞》を創刊,小松原英太郎,末広鉄腸,宮崎八郎らを客員として征韓論と民権論を激越に唱えた。76年7月発禁処分にあうと《中外評論》と改題して発行,それがまた10月発禁処分にあうと《文明新誌》を発行し,政府の弾圧に抗した。…

※「評論新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

評論新聞の関連キーワード西郷南洲西郷西郷札史伝西郷隆盛薩摩義士海老原穆西郷イト西郷吉二郎西郷満左子《西郷隆盛像》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone