中村泰祐(読み)なかむら たいゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村泰祐 なかむら-たいゆう

1886-1954 明治-昭和時代の僧。
明治19年5月7日生まれ。臨済(りんざい)宗。明治30年得度(とくど)。のち京都南禅寺の河野霧海(こうの-むかい)の法をつぐ。大正10年山口市洞春寺の住職となり,13年南禅寺派管長。昭和2年山口育児院を設立,社会福祉事業にもつくす。21年建仁(けんにん)寺派管長。昭和29年1月3日死去。67歳。山梨県出身。臨済宗七派連合般若林(はんにゃりん)卒。法号は夾山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android