コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村道碩 なかむら どうせき

1件 の用語解説(中村道碩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村道碩 なかむら-どうせき

1582-1630 江戸時代前期の囲碁棋士。
天正(てんしょう)10年生まれ。本因坊算砂にまなぶ。囲碁家元の四家のひとつ,井上家の祖。元和(げんな)9年算砂の跡をつぎ名人碁所(ごどころ)となる。本因坊家の再興につくし算悦を後見して本因坊2世をつがせた。代々つづく名の因碩は世襲名。道碩は後世初代とされた。寛永7年8月14日死去。49歳。京都出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の中村道碩の言及

【本因坊】より

… 囲碁家元4家の,本因坊家以外の3家について概説する。井上家は本因坊算砂の弟子の中村道碩(1582‐1630)を祖とする。元来本因坊家の弟分にあたるが,4家の中では実力が最も近かったためか,囲碁史上しばしば宿敵どうしとして立ち現れる。…

※「中村道碩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

中村道碩の関連キーワード藤堂高虎井上因碩フランス演劇明智光秀江馬輝盛斎藤利三清水宗治諏訪勝右衛門の妻武田信勝武田信廉

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone