コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村道碩 なかむら どうせき

1件 の用語解説(中村道碩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村道碩 なかむら-どうせき

1582-1630 江戸時代前期の囲碁棋士。
天正(てんしょう)10年生まれ。本因坊算砂にまなぶ。囲碁家元の四家のひとつ,井上家の祖。元和(げんな)9年算砂の跡をつぎ名人碁所(ごどころ)となる。本因坊家の再興につくし算悦を後見して本因坊2世をつがせた。代々つづく名の因碩は世襲名。道碩は後世初代とされた。寛永7年8月14日死去。49歳。京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の中村道碩の言及

【本因坊】より

… 囲碁家元4家の,本因坊家以外の3家について概説する。井上家は本因坊算砂の弟子の中村道碩(1582‐1630)を祖とする。元来本因坊家の弟分にあたるが,4家の中では実力が最も近かったためか,囲碁史上しばしば宿敵どうしとして立ち現れる。…

※「中村道碩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中村道碩の関連キーワード板垣友仙熊谷本碩河野元虎斎藤道歴境道哲西俣因悦林門入(2世)林利玄本因坊策元安井知哲

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone