中村重助(3代)(読み)なかむら じゅうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村重助(3代) なかむら-じゅうすけ

?-1806* 江戸時代中期-後期の芝居小屋帳元(営業事務責任者)。
3代中村七三郎の子といわれる。江戸中村座の帳元をつとめた。文化2年12月12日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android