コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村雪之丞 なかむら ゆきのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村雪之丞 なかむら-ゆきのじょう

三上於菟吉(おときち)の小説「雪之丞変化(へんげ)」の主人公。
長崎の豪商松浦屋清左衛門の子。本名は雪太郎。長崎奉行土部三斎らの悪だくみで死んだ父母の仇(あだ)を討つため,女形(おやま)となり侠賊(きょうぞく)闇太郎(やみたろう)の協力をえて三斎らを破滅させる。小説は昭和9-10年「東京朝日新聞」に連載され,林長二郎(長谷川一夫(はせがわ-かずお))主演の映画も人気をよんだ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村雪之丞の関連キーワード三上於菟吉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android