コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三上於菟吉 みかみ おときち

百科事典マイペディアの解説

三上於菟吉【みかみおときち】

小説家。埼玉県生れ。早大英文科中退。《文章世界》の投書家として出発,《早稲田文学》等に寄稿したが,通俗小説にすすみ,1925年《週刊朝日》連載の《敵討日月双紙》で大衆文学に独自の境地をひらいた。《鴛鴦(おしどり)呪文》《淀君》《雪之丞変化》などがある。長谷川時雨はその妻。
→関連項目女人芸術

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三上於菟吉 みかみ-おときち

1891-1944 大正-昭和時代前期の小説家。
明治24年2月4日生まれ。大正5年「悪魔の恋」が好評を博し,12年「白鬼」で大衆作家としての地位を確立。妻長谷川時雨(しぐれ)主宰の「女人芸術」誌発刊を支援した。昭和19年2月7日死去。54歳。埼玉県出身。早大中退。代表作に「黒髪」「雪之丞変化(ゆきのじょうへんげ)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みかみおときち【三上於菟吉】

1891‐1944(明治24‐昭和19)
小説家。埼玉県に生まれた。早稲田大学英文科中退。粕壁中学在学中から《文章世界》などの投書家として知られ,1915年《春光の下に》を自費出版した。この小説は朝鮮独立運動を題材としたため発禁,翌年《悪魔の恋》で通俗小説畑にはいった。出世作は《敵討日月双紙》(1925)で,これは外国小説の翻案になる時代物であり,同趣向の作品に《元禄若衆》(ワイルドの《ドリアン・グレーの肖像》による),《戦国英雄》(ユゴーの《エルナニ》による)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みかみおときち【三上於菟吉】

1891~1944) 小説家。埼玉県生まれ。早大中退。現代物「白鬼」で脚光を浴び、特に髷物まげものに新境地を開いた。代表作「日輪」「雪之丞変化」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三上於菟吉
みかみおときち

[生]1891.2.4. 埼玉,桜井
[没]1944.2.7. 東京
小説家。早稲田大学英文科中退。朝鮮独立運動に取材した『春光の下に』 (1915) が発売禁止となったが,筆力を認められて『悪魔の恋』 (16) 以下の小説で現代物の通俗作家の地位を確立,さらに J.マッカレーの『双生児の復讐』を粉本 (ふんぼん) とした『敵討 (あだうち) 日月双紙』 (25) で時代物に転じ,『鴛鴦 (おしどり) 呪文』 (26) ,『淀君』 (28~30) を経て『雪之丞変化』 (34~35) にいたり人気は絶頂に達した。夫人長谷川時雨の『女人芸術』をバックアップして女流文壇興隆にも寄与した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三上於菟吉
みかみおときち
(1891―1944)

小説家。埼玉県生まれ。中学時代から自然主義の洗礼を受けて『文章世界』に投書し、創作に志した。早稲田(わせだ)大学英文科中退後、1915年(大正4)長編小説『春光の下に』を自費出版したが、朝鮮の独立運動に触れているという理由で発禁処分となった。この作品が機縁で、『講談雑誌』主幹生田蝶介(いくたちょうすけ)の知遇を得て、同誌に長編現代小説『悪魔の恋』(1916)を連載し、大好評を博した。24年『時事新報』に出世作長編『白鬼』を連載、この現代小説によって大衆作家としての地位を確立、また『敵討(かたきうち)日月草紙』(1939)で時代物に独自の境地を開いた。『雪之丞変化(ゆきのじょうへんげ)』(1934~35)、『淀君(よどぎみ)』(1927)、『清河八郎』(1929)などは時代小説の代表作である。女流作家長谷川時雨(はせがわしぐれ)と同棲(どうせい)、時雨の女流文芸誌『女人(にょにん)芸術』の創刊を助けた。[磯貝勝太郎]
『『増補昭和国民文学全集5 三上於菟吉集』(1978・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三上於菟吉の言及

【雪之丞変化】より

衣笠貞之助監督作品。原作は三上於菟吉(おときち)の同名新聞連載小説(1934‐35)で,父母の仇(あだ)を討つために武芸百般にも通じている歌舞伎の名女形雪之丞を中心にして展開される,勧善懲悪的な復讐綺談(きだん)である。映画化は〈前篇〉(1935),〈第2篇〉(1935),〈解決篇〉(1936)の三部作として新聞連載中から行われ,のちに名場面集的な〈総集篇〉にまとめられた。…

※「三上於菟吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三上於菟吉の関連キーワード雪之丞変化 第二篇雪之丞変化 完結篇雪之丞変化 前篇満蒙建国の黎明直木 三十五岩田専太郎加藤 武雄磯貝勝太郎千姫と秀頼中村雪之丞鴛鴦呪文双生児日輪粉本三上

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android