コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おやま

世界大百科事典 第2版の解説

おやま

(1)人形浄瑠璃で女役の人形のこと。語源はいろいろ説があるが,承応(1652‐55)ごろ活躍した女役の人形遣い小山次郎三郎の〈小山人形〉から出たとするのが有力。(2)遊女別称。〈おやまぐるい〉ということばは,遊女にうつつを抜かすことである。(3)歌舞伎の女方(おんながた)の別称。女方はまず遊女の役を得意としたところから,この呼称が生まれたという。昔は〈やまやま〉という掛声があって,この掛声から女方の名優岩井半四郎の屋号大和屋ができたという伝説がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おやま
おやま

江戸時代に、遊女、美女をさしていった。そのもとは、小山(おやま)次郎三郎という人形遣いが女の人形を巧みに遣ったことから出たという説があるが、明らかでない。遊女や美女の姿をこしらえた人形を「おやま人形」といい、またそれを描いた絵を「おやま絵」とよんだ。遊女のいた茶店を「おやま茶屋」ともいった。歌舞伎(かぶき)では、女方(おんながた)のことを別に「おやま」ともいい、一座の最高位の女方を「立女方(たておやま)」とよぶ。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のおやまの言及

【女方(女形)】より

…歌舞伎の女性の役の総称,および女性の役をつとめる俳優をいう。〈おやま〉ともいう。1629年(寛永6)に徳川幕府が歌舞伎に女優が出演することを禁じたため,能以来の伝統によって男性が女の役をつとめ,現在に至る。…

※「おやま」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

おやまの関連キーワード女形形・女形方遠山左衛門尉堺屋勘四郎中久喜城跡青山鉄槍斎青山佩弦斎大山〈町〉遠山金四郎祇園城跡青山拙斎遠山頼直高田与清山川捨松遠山円陀リンクス青山幸孝青山幸完服部幸雄石尊参り青山幸成

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おやまの関連情報