コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中科巨都雄 なかしなの こつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中科巨都雄 なかしなの-こつお

?-? 奈良時代の官吏。
氏姓ははじめ津連(つのむらじ)。延暦(えんりゃく)10年(791)中科宿禰(すくね)をさずけられる。このとき少外記(しょうげき)。のち大外記となり16年常陸少掾(ひたちのしょうじょう)をかねる。「続日本紀」の編修にかかわった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中科巨都雄の関連キーワード奈良時代官吏氏姓

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android