編修(読み)ヘンシュウ

  • へんしゅう ‥シウ
  • へんしゅう〔シウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)材料を集めて書物、特に史書をまとめ上げること。「国史を編修する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
資料を集め精選し、書物にまとめあげること。編纂へんさん辞書を-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 書籍などをまとめ上げること。特に国史を編纂すること。また、それをつかさどる官。
※宮内省官制(明治四〇年)(1907)三八条「天皇及皇族実録の編修に関する事項」
② 明治一九年(一八八六)修史館を廃止したのち、内閣に置かれた臨時修史局の職員。修史の編纂に従事した奏任官。
※内閣達第二号‐明治一九年(1886)一月九日「編修 四人 奏任」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

編修の関連情報