コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少外記 ショウゲキ

大辞林 第三版の解説

しょうげき【少外記】

律令制で、太政官の官名。大外記の下にあって、内記の作った詔書の訂正、太政官の奏文の作成、諸儀式の執行などにあたった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の少外記の言及

【外記】より

…日本古代律令官制の官職の一つ。太政官に大外記2人,少外記2人が所属する。和訓は〈とのおおい(すない)しるすつかさ〉。…

※「少外記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

少外記の関連キーワード中科巨都雄道寂(1)島田忠臣中原康富五条頼元清原頼業中原師連小野岑守坂上望城平田職俊中原師守中原師員中原氏太政官内記詔書官名

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android