コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少外記 ショウゲキ

大辞林 第三版の解説

しょうげき【少外記】

律令制で、太政官の官名。大外記の下にあって、内記の作った詔書の訂正、太政官の奏文の作成、諸儀式の執行などにあたった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の少外記の言及

【外記】より

…日本古代律令官制の官職の一つ。太政官に大外記2人,少外記2人が所属する。和訓は〈とのおおい(すない)しるすつかさ〉。…

※「少外記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

少外記の関連キーワード中科巨都雄道寂(1)島田忠臣中原康富清原頼業五条頼元中原師連小野岑守坂上望城平田職俊中原師守中原師員中原氏太政官内記詔書官名

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android