コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少外記 ショウゲキ

大辞林 第三版の解説

しょうげき【少外記】

律令制で、太政官の官名。大外記の下にあって、内記の作った詔書の訂正、太政官の奏文の作成、諸儀式の執行などにあたった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の少外記の言及

【外記】より

…日本古代律令官制の官職の一つ。太政官に大外記2人,少外記2人が所属する。和訓は〈とのおおい(すない)しるすつかさ〉。…

※「少外記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android