コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中米経済統合条約(読み)ちゅうべいけいざいとうごうじょうやく(英語表記)Tradado General de Integratión Económica Centroamericana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中米経済統合条約
ちゅうべいけいざいとうごうじょうやく
Tradado General de Integratión Económica Centroamericana

グアテマラ,コスタリカエルサルバドルホンジュラスニカラグアパナマ中米6ヵ国が,1993年 10月にグアテマラで開いた第 14回中米首脳会議で,自由貿易圏の形成と金融・通貨統合を目指す中米経済連合 (UEC) の創設で合意,調印した条約。域内での関税の段階的な撤廃と共通関税制度の創設,金融市場の開放化,金融・通貨関係法令の共通化などをうたっている。なお,コスタリカとパナマを除く4ヵ国は,すでに自由貿易圏の創設で合意し,同年4月,政治・経済統合への努力を初めて公式文書で確認するマナグア合意に調印していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android