中細(読み)チュウボソ

大辞林 第三版の解説

ちゅうぼそ【中細】

中くらいの細さであること。また、そのもの。 「 -の毛糸」 → 極細ごくぼそ

なかぼそ【中細】

中央が細いこと。また、そうしたもの。
〔女房詞〕 杵きね

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐ぼそ【中細】

〘名〙 (形動) 中ぐらいの太さであること。また、そのものやそのさま。毛糸では一一・五デニールから一三・五デニール未満のものをいう。極細(ごくぼそ)、極太(ごくぶと)などに対する語。

なか‐ぼそ【中細】

〘名〙
① (形動) 中ほどが細いこと。また、そのものやそのさま。
(きね)をいう女房詞。
※大上臈御名之事(16C前か)「女房ことば〈略〉、きね、なかぼそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中細の関連情報