コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中足骨 ちゅうそっこつmetatarsal bone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中足骨
ちゅうそっこつ
metatarsal bone

足の足根骨指骨の間にある5本の長骨のこと。内側より第1,2,3,4,5中足骨と呼ぶ。第1~3中足骨はそれぞれ3個の楔状骨関節を形成し,第4,5中足骨は立方骨と関節を形成する。第1中足骨が先天的に短いと,正常なバランスが妨げられ,運動時の痛みを主症状としたモートン症候群を発症することがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうそっ‐こつ〔チユウソク‐〕【中足骨】

足の裏を形成する5本の骨。足根骨と指骨の間にある。蹠骨(しょこつ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうそっこつ【中足骨】

足根骨と趾骨しこつの間にある五本の管状骨。蹠骨しよこつ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

中足骨の関連キーワード第1ケーラー病/第2ケーラー病マイケル オーウェンウェイン ルーニートビネズミ(跳鼠)ニッポノサウルス第二ケーラー病オルニトミムス第2ケーラー病エピオルニストビネズミラホナビス第3腓骨筋古竜脚類土ふまず外反母趾疲労骨折前脛骨筋香川真司痕跡器官行軍骨折

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中足骨の関連情報