コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中足骨(読み)ちゅうそっこつ(英語表記)metatarsal bone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中足骨
ちゅうそっこつ
metatarsal bone

足の足根骨指骨の間にある5本の長骨のこと。内側より第1,2,3,4,5中足骨と呼ぶ。第1~3中足骨はそれぞれ3個の楔状骨関節を形成し,第4,5中足骨は立方骨と関節を形成する。第1中足骨が先天的に短いと,正常なバランスが妨げられ,運動時の痛みを主症状としたモートン症候群を発症することがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうそっ‐こつ〔チユウソク‐〕【中足骨】

足の裏を形成する5本の骨。足根骨と指骨の間にある。蹠骨(しょこつ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうそっこつ【中足骨】

足根骨と趾骨しこつの間にある五本の管状骨。蹠骨しよこつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中足骨の関連情報