楔状骨(読み)けつじょうこつ

精選版 日本国語大辞典「楔状骨」の解説

けつじょう‐こつ ケツジャウ‥【楔状骨】

〘名〙
① 足のかかと付近にある足根骨を構成するの一つ。第一、第二、第三の三個からなり、後方舟状骨に、前方中足骨につらなる。

せつじょう‐こつ セツジャウ‥【楔状骨】

〘名〙 =ちょうけいこつ(蝶形骨)〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の楔状骨の言及

【頭骨】より

…後頭鱗の上半はまれに独立の骨をつくることがあり,これを頭頂間骨またはインカ骨という。蝶形骨sphenoid bone(os sphenoidale[ラテン])楔状骨(けつじようこつ)ともいう。頭蓋の底を占める複雑な形をした1個の骨。…

※「楔状骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android