コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足根骨 そっこんこつ tarsal bones

4件 の用語解説(足根骨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足根骨
そっこんこつ
tarsal bones

足関節に続く足根部にある短骨の総称。中足骨,指骨とともに足骨を構成している。足根骨は距骨,舟状骨,立方骨,踵骨,外側・内側・中間楔状骨の7個の短骨でできている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そっこん‐こつ〔ソクコン‐〕【足根骨】

足首・かかとを形づくる骨の総称。距骨・踵骨(しょうこつ)と舟状骨・楔状骨(けつじょうこつ)3個・立方骨の7個からなる。跗骨(ふこつ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そっこんこつ【足根骨】

下腿骨である脛骨と腓骨につながり足根部を形成する七個の骨の総称。距骨・踵骨・舟状骨・三つの楔状骨・立方骨をいう。跗骨ふこつ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足根骨
そっこんこつ

足首の骨格で、足骨(そっこつ)の後半部に位置し、7個の骨からなる。足根骨は手骨の手根骨に相当する。足根骨のなかでもっとも大きい踵骨(しょうこつ)は、いわゆる「かかと」をつくる骨で、ヒトではとくに発達している。直立姿勢をとったとき、片足にかかる体重の半分はこの踵骨に、残りの半分は中足骨の前端にかかる。また、踵骨にはアキレス腱(けん)も付着している。アキレス腱を踵骨腱ともよぶのは、このためである。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足根骨の関連キーワード下腿三頭筋下腿下腿骨下肢骨下腿筋腿骨大腿骨骨折飛節下腿指数ヒース‐カーター体型分類法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足根骨の関連情報