コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足根骨 そっこんこつtarsal bones

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足根骨
そっこんこつ
tarsal bones

足関節に続く足根部にある短骨の総称。中足骨指骨とともに足骨を構成している。足根骨は距骨,舟状骨,立方骨,踵骨,外側・内側・中間楔状骨の7個の短骨でできている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そっこん‐こつ〔ソクコン‐〕【足根骨】

足首・かかとを形づくる骨の総称。距骨・踵骨(しょうこつ)と舟状骨・楔状骨(けつじょうこつ)3個・立方骨の7個からなる。跗骨(ふこつ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そっこんこつ【足根骨】

下腿骨である脛骨と腓骨につながり足根部を形成する七個の骨の総称。距骨・踵骨・舟状骨・三つの楔状骨・立方骨をいう。跗骨ふこつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足根骨
そっこんこつ

足首の骨格で、足骨(そっこつ)の後半部に位置し、7個の骨からなる。足根骨は手骨の手根骨に相当する。足根骨のなかでもっとも大きい踵骨(しょうこつ)は、いわゆる「かかと」をつくる骨で、ヒトではとくに発達している。直立姿勢をとったとき、片足にかかる体重の半分はこの踵骨に、残りの半分は中足骨の前端にかかる。また、踵骨にはアキレス腱(けん)も付着している。アキレス腱を踵骨腱ともよぶのは、このためである。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

足根骨の関連キーワードモルキオ病扁平足内反足偶蹄類奇蹄類下腿骨ヒト科足関節腓骨走る飛節脛骨

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android