コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足骨 アシボネ

デジタル大辞泉の解説

あし‐ぼね【足骨】

足の骨。
足の力。脚力。「足骨が強い」

そっ‐こつ〔ソク‐〕【足骨】

下肢骨のうち、足首から先の骨。足根骨中足骨指骨からなる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そっこつ【足骨】

足首からつま先までの骨の総称。足根骨・中足骨・趾骨しこつの三つの部分から成る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足骨
そっこつ

足の骨格となる骨をいい、足首(足根(そっこん))の部分にある足根骨、足のひら(中足)を構成している中足骨、足の指の軸となる指骨の三つに区分される。ヒトの足根骨は近位列の距骨(きょこつ)・踵骨(しょうこつ)と遠位列の舟状骨・楔状骨(けつじょうこつ)(3個)、立方骨の7個の骨からなっている。かかとをつくるのが太くて短い直方体の踵骨で、この骨は足根骨中ではもっとも大きい。踵骨の後端部にはアキレス腱(けん)がつく。踵骨の上部に距骨があり、この骨と下腿(かたい)の脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)とが足関節(距腿(きょたい)関節)をつくる。距骨の前方内側に舟形の舟状骨、その前方に楔状骨が3個並ぶ。立方骨は距骨の前方外側で、楔状骨の横に並ぶ。
 中足骨は5個で、細長く、それぞれの足の指に続く。指骨は母指では2個(2節)、他指ではすべて3個(3節)から構成されるが、中足骨の側から順次、基節骨、中節骨、末節骨とよばれる(母指では中節骨を欠く)。末節骨の先端(頭(とう))には末節骨粗面があり、ここに爪(つめ)が付着する。母指に続く中足骨の先端の足底面には種子骨という小さな骨が存在することがある。なお、中足骨や指骨が隣接のものと融合したり(合指症)、逆に過剰となる(多指症)ことがあるが、これらはいずれも手術によって治療される。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

足骨の関連キーワード第1ケーラー病/第2ケーラー病マイケル オーウェンウェイン ルーニートビネズミ(跳鼠)ニッポノサウルス第二ケーラー病オルニトミムス第2ケーラー病エピオルニストビネズミラホナビス第3腓骨筋疲労骨折土ふまず外反母趾前脛骨筋古竜脚類行軍骨折痕跡器官香川真司

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足骨の関連情報