コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間消費 ちゅうかんしょうひintermediate consumption

1件 の用語解説(中間消費の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間消費
ちゅうかんしょうひ
intermediate consumption

生産の過程で原材料,光熱燃料,間接費などとして消費された非耐久財およびサービスをいい,固定資産の維持補修,研究調査開発費などもこれに含まれる。生産から中間消費を控除したものが付加価値である。なお中間投入 intermediate inputと同義。産業連関表を行 (横) についてみてある商品が原材料などとして用いられたかどうかをみる場合を中間消費といい,列 (縦) についてみてある商品あるいは産業の生産構造をみる場合,使用された原材料を中間投入と呼ぶ。中間需要という用語も中間消費と同義に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中間消費の関連情報