コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間言語 チュウカンゲンゴ

世界大百科事典内の中間言語の言及

【言語処理系】より

… プログラムから機械語への翻訳処理を行う言語処理系をコンパイラー,プログラムを直接に解釈実行する言語処理系をインタプリターという。特定のコンピューターの機械語とは無関係に,中間言語と呼ばれる仮想的な命令言語を設計し,コンパイラーが中間言語に翻訳し,インタプリターが中間言語を直接に解釈実行する中間言語方式も広く行われている。コンパイラーは翻訳処理が仕事であるから,たとえば式3+5が与えられた場合,次のような機械語の命令列に翻訳する。…

※「中間言語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中間言語の関連キーワードネイティブコンパイラー意味ネットワークコンパイラーコンパイラプログラム低級言語C

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android