丸公(読み)マルコウ

大辞林 第三版の解説

まるこう【丸公】

日中戦争下の1938年(昭和13)から終戦後の昭和25、6年にかけて、公定価格を示す〓の表示。また、公定価格。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まる‐こう【丸公】

〘名〙 昭和一五年(一九四〇)日中戦争下の価格等統制令および第二次大戦後の物価統制令による公定価格を示すしるし。また、その公定価格。(公)の印で示した。
※夢声戦争日記〈徳川夢声〉昭和一七年(1942)一月三日「やっと伊勢伊で、マル公印九円いくらの品を見つける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android