コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物価統制令 ぶっかとうせいれい

5件 の用語解説(物価統制令の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物価統制令
ぶっかとうせいれい

昭和21年勅令118号。戦後のインフレーション対策として公布された勅令。昭和28年法律88号により,法律としての効力を有することとなった。この勅令は当初第2次世界大戦後の経済混乱に対処すべく価格統制令として出されたものであったが,米価については 1972年まで適用され(→消費者米価),公衆浴場料金については,2011年現在も適用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶっか‐とうせいれい【物価統制令】

第二次大戦後の物価統制の基本法令。価格の最高額の指定、不当に高価な取引の禁止などを定める。昭和21年(1946)施行。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

物価統制令【ぶっかとうせいれい】

第2次大戦後の経済混乱に対処するための物価統制の基本法令(1946年)。価格統制公定価格,暴利取締,不正取引禁止,価格表示等について規定。現在ではインフレ対策としての役割は終わっている。
→関連項目暴利取締令ポツダム政令

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶっかとうせいれい【物価統制令】

第二次大戦後の物価高騰に対応するために、統制価格(最高額)の指定、暴利行為の禁止などを定めた法令。ポツダム緊急勅令に基づき1946年(昭和21)に発せられた勅令。現在、法律としての効力を有している。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物価統制令
ぶっかとうせいれい

1946年(昭和21)3月3日、戦後インフレ対策として公布施行されたポツダム勅令第二次世界大戦中の価格等統制令にかわって、諸物価を統制し、暴利や不当取引を取り締まることを目的とした。このいわゆる三・三物価体系(3月3日制定による通称)により、戦前基準年(1934~36年平均)に対して物価が10倍、賃金が5倍に算定されたため、都市勤労者は窮乏化し、さらに公定ルートに乗らぬ闇(やみ)物資を購入するため「たけのこ生活」を余儀なくされた。しかし、経済復興に伴って、52年までにほぼ撤廃され、72年消費者米価が対象から除かれたのちは、入浴料、工業用アルコールを統制するのみとなった。73年秋の第一次オイル・ショックに伴って狂乱物価が発生したとき、国民生活安定緊急措置法制定とともに、措置法第26条の統制価格指定の際の要件に平仄(ひょうそく)をあわせた文言を同令第4条に加える改正が同時に行われた。[長 幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

物価統制令の関連キーワードコメ余り私大定員の是正強化バンタム級ウンウンオクチウム那珂(市)矢祭(町)国際移住機関IOMマリンレジャープロボクシングの階級

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

物価統制令の関連情報