コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公定価格 こうていかかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公定価格
こうていかかく

政府または地方公共団体が,価格などにつき,指定または決定し,あるいは許可,認可した統制額 (物価統制令4,7参照) 。物価統制令 4条による指定統制額すなわち指定価格はこの代表的なものであり,これは最高販売価格を示すものである。このほか,最高および最低の価格を示すもの,標準価格を示すものなどがある。なお,物価統制令によれば,統制額をこえる価格をもってする取引,不当に高価な取引,暴利の取引などは禁止され (3条,9条ノ2,10条) ,処罰される (33,34条) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうてい‐かかく【公定価格】

政府が定めた商品やサービスの最高・最低・標準価格。戦時・戦後その他特殊な情勢もとで、物価を厳重に統制する必要があるときに行われることが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

公定価格【こうていかかく】

政府が経済統制を目的として,または国営事業による専売物品等につき決定する価格。狭義には前者をさし,物価統制令による指定価格が代表的なもの。公定価格の定め方には,最高価格を示すもの,最高・最低価格を示すもの,標準価格を示すもの等がある。
→関連項目実効価格統制経済

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こうていかかく【公定価格】

経済統制の必要上、政府が決定する最高・最低または標準価格。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公定価格
こうていかかく

政府によって決定される価格。社会主義計画経済では公定価格が原則であるが、資本主義経済でも戦時・戦後などの統制経済下で採用される。わが国ではこれを統制価格とよび、第二次世界大戦中の価格等統制令(1939年10月施行)によるもの、戦後インフレ期の新価格体系(1947年7月設定)などの例がある。なお自由経済下で、政策目的によって価格体系を意図的に改変しようとして採用されているわが国の公共料金制もこれに含められよう。[一杉哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

公定価格の関連キーワード臨床研修の義務化と診療報酬の改定診療報酬改定と患者負担ブレトン・ウッズ体制江戸時代(年表)規制緩和[日本]国際流動性問題差額ベッド料金金の二重価格制原価計算基準診療報酬改定糸価安定問題国際通貨基金最高価格法アンラジェ自由価格在宅医療価格統制レセプト診療報酬薬価差益

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公定価格の関連情報