丸山 鉄雄(読み)マルヤマ テツオ

20世紀日本人名事典の解説

丸山 鉄雄
マルヤマ テツオ

昭和期の音楽芸能プロデューサー,音楽評論家 元・NHK音楽部長。



生年
明治43(1910)年4月1日

没年
昭和63(1988)年12月26日

出生地
長野県

学歴〔年〕
京都帝大経済科〔昭和9年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本レコード大賞(特別賞 第15回)〔昭和48年〕

経歴
昭和9年NHKに入り、編成部、音楽部、芸能部、企画部を歴任、22年三木鶏郎らと「日曜娯楽版」をプロデュース、名をあげた。その後芸能プロデューサーとして第一線で活躍、のど自慢審査員も務め、39年退職後、日本コロムビア顧問となる。「日曜娯楽版」は歌と笑いと風刺をきかせたこの種の番組の草分けで、数々の名作を残し、また、この中の「冗談音楽」から三木のり平、河井坊茶、小野田勇らの鬼才を生んだ。51年には朝日新聞声欄にロッキード事件の替え歌「オサムイ・ニッポン」「二人はヤバイ」を寄稿、健在ぶりを示した。また、音楽評論家としても活躍し、著書に「歌は世につれ」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android