丸林善左衛門(読み)まるばやし ぜんざえもん

  • 丸林善左衛門 まるばやし-ぜんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 江戸時代中期の治水家。
筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩領早田村の庄屋。正徳4年(1714)用水不足を解消するため床島堰(とこしまぜき)改修を計画したが,隣地福岡藩領長田村の村民対立。善左衛門は福岡藩領につれさられ3ヵ月間はげしい責めをうけたが屈せず,その間に久留米藩普請奉行の草野又六により用水路は完成した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android