コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用水路 ようすいろirrigation canal

4件 の用語解説(用水路の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

用水路
ようすいろ
irrigation canal

農業用水や都市用水を移送するための人工の水路。一般には農業用灌漑用水のための水路を意味することが多く,この場合,水源からの水路を幹線水路,それから分岐するものを支線水路,耕地に沿う水路を最小用水路という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようすいろ【用水路 irrigation cannal】

水源から圃場(ほじよう)まで灌漑用水を送るための水路。機能的にみて,水源から灌漑地区までの水路は送水を主目的とし,灌漑地区内の水路は各圃場への配水に重点が置かれる。圃場での用水量を基に配水計画をたて,灌漑地区入口での必要な水量および水位が決められ,この地点を送水系の分水点として,各分水点での水量と水位を満足するよう全体の水路路線や容量が定められる。灌漑地区内の用水量が時間的に変動する場合には,分水工地点などにファームポンドを設け,送水系からの流量を調節しつつ配分する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

用水路の関連情報