コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸沢常哉 まるさわ つねや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸沢常哉 まるさわ-つねや

1883-1962 明治-昭和時代の工業化学者。
明治16年3月17日生まれ。大正3年九州帝大教授。12年万有還銀術事件に関与し退官。のち旅順工科大教授,大阪帝大教授,満鉄中央試験所長などを歴任。終戦時,同試験所の施設を中国に委譲し,その後も中国にとどまり昭和30年帰国した。昭和37年5月4日死去。79歳。新潟県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

丸沢常哉の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android