コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢和 せいわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勢和
せいわ

三重県中部,多気町西部の旧村域。櫛田川中流域にある。 1955年五ヶ谷村と丹生村が合体,公募により勢和村となる。 2006年多気町と合体。北東部の丹生は奈良時代に水銀鉱山が開かれたところで,伊勢水銀として知られ,江戸時代まで盛況が続いた。丹生大師神宮寺の境内にその面影が偲ばれる。鉱山は小規模ながら 1974年まで存続。 1973年頃から木材加工,コンクリートの工場が立地。北半部は香肌峡県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勢和
せいわ

三重県中部、多気(たき)郡にあった旧村名(勢和村(むら))。現在は多気町の西部を占める地区。旧勢和村は1955年(昭和30)丹生(にゅう)、五ヶ谷(ごかだに)の2村が合併して成立。このとき、公募によって名称を決めた。2006年(平成18)多気町に合併。櫛田(くしだ)川中流右岸の農山村で、西半部は台高(だいこう)山脈の支脈の山地であるが、東部は平坦(へいたん)地が開け集落が点在する。JR紀勢本線(最寄駅は大台町栃原(とちはら)駅)と国道42号が南東端をかすめ、368号が通じる。1990年には伊勢(いせ)自動車道の勢和多気インターチェンジが開設され、2006年の紀勢自動車道開通に伴い両道を結ぶ勢和多気ジャンクションとなった。米作を中心に茶、野菜などが生産されている。丹生は伊勢水銀の産地として平安時代から知られた。神宮寺(丹生大師)は空海の師の勤操(ごんそう)僧正の開基。櫛田川沿岸は香肌(かはだ)峡県立自然公園区域でキャンプ場などがある。[伊藤達雄]
『『勢和村史』全3巻(1999~2001・勢和村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

勢和の関連キーワード三重県多気郡多気町朝柄三重県多気郡多気町牛肉価格安定制度松阪牛,松阪肉近畿自動車道多気(町)安保 庸三安保庸三野呂元丈山勢派水銀座鶏冠石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勢和の関連情報