主の泣かれた教会(読み)シュノナカレタキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

しゅのなかれた‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【主の泣かれた教会】

Dominus Flevit Churchパレスチナ地方の古都エルサレム東部のオリーブ山にある教会。名称はイエス=キリストがオリーブ山の山頂からエルサレムを見渡し、その行く末を案じて泣いたという新約聖書の記述に由来する。1955年に建造。主の涙の教会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android