コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保寺正福 くぼでら まさとみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保寺正福 くぼでら-まさとみ

?-? 江戸時代後期の和算家。
久保寺正久の兄。幕臣。江戸の人。古川氏清(うじきよ)に至誠賛化(しせいさんか)流をまなび,その家塾の督学代理をつとめる。文政4年(1821)「勧事算法」を編集した。字(あざな)は珺瓊,君履。通称は忠太夫,辰之助,院平。著作に「神草算法」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久保寺正福の関連キーワード久保寺正久和算家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android