久保寺正久(読み)くぼでら まさひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保寺正久 くぼでら-まさひさ

1795-? 江戸時代後期の和算家。
寛政7年生まれ。久保寺正福(まさとみ)の弟。幕臣。古川氏清(うじきよ)・氏一(うじいち)親子に至誠賛化(しせいさんか)流をまなぶ。師の流儀をうけ,弟子に一席一題を課して教育。慶応2年(1866)以後に死去。通称は正之進。字(あざな)は珺琚。著作に「算法極数録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android