コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保寺正久 くぼでら まさひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保寺正久 くぼでら-まさひさ

1795-? 江戸時代後期の和算家。
寛政7年生まれ。久保寺正福(まさとみ)の弟。幕臣。古川氏清(うじきよ)・氏一(うじいち)親子に至誠賛化(しせいさんか)流をまなぶ。師の流儀をうけ,弟子に一席一題を課して教育。慶応2年(1866)以後に死去。通称は正之進。字(あざな)は珺琚。著作に「算法極数録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久保寺正久の関連キーワード川田保則和算家