コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川氏清 ふるかわ うじきよ

1件 の用語解説(古川氏清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古川氏清 ふるかわ-うじきよ

1758-1820 江戸時代中期-後期の和算家。
宝暦8年生まれ。旗本。奥右筆などをへて,文化13年勘定奉行となる。算学は,関川美郷に中西流を,安井信名に久留島流を,栗田安之に関流をまなび,至誠賛化(しせいさんか)流をたてた。文政3年6月11日死去。63歳。通称は吉次郎,吉之助。字(あざな)は珺璋(くんしょう)。号は不求。著作に「算籍」「円中三斜矩」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古川氏清の関連キーワード羅城飯田無物乾壺外国包(10代)交寛美三鍼高田三節(初代)樗雲出目満総村山芝塢

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone