コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久板卯之助 ひさいた うのすけ

2件 の用語解説(久板卯之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久板卯之助 ひさいた-うのすけ

1878-1922 大正時代の無政府主義者。
明治11年4月16日生まれ。大正5年「労働青年」を,7年大杉栄らと「労働新聞」を発刊。以後大杉系の団体の北風会などに関係した。大正11年1月伊豆(いず)の天城(あまぎ)山に写生にでかけ,21日凍死。45歳。京都出身。同志社中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

久板卯之助

没年:大正11.1.21(1922)
生年:明治11.4.16(1878)
キリストの異名を持つ明治大正期の反権力の自由人画家。京都の旅館の長男に生まれた。商業学校に進むが,明治39(1906)年キリスト教の洗礼を受け,翌40年同志社神学校別科に入学するが,すぐに中退。社会主義に引かれつつ牧場などで労働に従事する。大逆事件(1910)後,近代思想社小集で渡辺政太郎,和田久太郎らを知った。売文社にも出入りし『へちまの花』社友になる。引き続き『労働青年』や『労働新聞』(新聞紙法違反に問われた)にも協力して労働者街や工場街で宣伝,啓蒙に努めた。この間北風会に深く関係,黒耀会展など望月桂が主唱した平民,民衆美術運動にも参加。静岡県伊豆に写生に出かけ天城山中猫越峠で凍死した。<参考文献>『民衆運動』2巻2号

(小松隆二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の久板卯之助の言及

【大杉栄】より

…その後,保子と別れ,野枝と一緒になる。18年亀戸の労働者街に移住し,野枝と《文明批評》(1~3月)を,和田久太郎,久板卯之助らと《労働新聞》(4~7月)を創刊。第1次大戦後,労働運動が高まっていくなかで,自主自活的労働の促進を目的とする《労働運動》を19年に近藤憲二,和田,久板らと創刊する。…

※「久板卯之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久板卯之助の関連キーワード神の子キリスト教綱要キリスト論六合雑誌基督キリスト教会ハリストス耶蘇キリスト教徒リスト・マネジャー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone