コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大杉栄 おおすぎさかえ

8件 の用語解説(大杉栄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大杉栄
おおすぎさかえ

[生]1885.1.17. 香川,丸亀
[没]1923.9.16. 東京
大正期の代表的アナーキスト。父は陸軍歩兵少佐。少年期を新潟県新発田で過ごした。東京外国語学校仏語科在学中,平民社に参画し,社会主義者となる。卒業後,幸徳秋水の影響によりアナーキストとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおすぎ‐さかえ〔おほすぎ‐〕【大杉栄】

[1885~1923]社会運動家。香川の生まれ。東京外国語学校在学中から平民社に参加。第一次大戦後、無政府主義運動を進めた。関東大震災直後、妻伊藤野枝、甥とともに憲兵大尉甘粕正彦に虐殺された。著「自叙伝」。→甘粕事件

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大杉栄【おおすぎさかえ】

無政府主義の社会運動家,理論家。香川県丸亀生れ。名古屋陸軍幼年学校時代上官に反抗して放校,東京外国語学校仏語科在学中,平民社出入りし,幸徳秋水らの影響をうけ,社会運動に参加。
→関連項目アナーキズム甘粕正彦近代思想辻潤土岐善麿売文社宮嶋資夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大杉栄 おおすぎ-さかえ

1885-1923 大正時代の社会運動家。
明治18年1月17日生まれ。妻は伊藤野枝。幸徳秋水らの平民社にくわわる。大正元年荒畑寒村と「近代思想」を発刊。以後「文明批評」などを刊行,無政府主義を論じた。12年パリのメーデーで演説し送還される。同年9月16日関東大震災後の混乱のなか憲兵大尉甘粕正彦(あまかす-まさひこ)らに殺された。39歳。香川県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。著作に「正義を求める心」など。
【格言など】美は乱調にある。諧調は偽りである

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大杉栄

没年:大正12.9.16(1923)
生年:明治18.1.17(1885)
明治大正期の日本を代表するアナキスト。先祖は名古屋近郊の出であるが,軍人の子として香川県丸亀市に生まれた。少年時代新潟県新発田市で過ごしたのち,名古屋の幼年学校に入学。明治34(1901)年中退。その後,東京学院,順天中学を経て,東京外国語学校仏文科に入学した。そのころキリスト教の受洗。また足尾鉱毒事件の被害民救援運動に触れて社会的な視野も開かれた。38年反戦を訴える平民社に共鳴し,社会主義運動に傾斜。電車賃値上げ反対運動では初めて入獄も経験した。日本エスペラント協会の創設や『家庭雑誌』の編集に従事したのもこのころであった。41年山口義三(孤剣)の出獄歓迎の集会に端を発した赤旗事件で入獄。その間に大逆事件が惹起された。45年荒畑寒村と『近代思想』,次いで『平民新聞』を創刊。同時に近代思想社小集やサンジカリズム研究会を主宰して大正以降の運動を先導した。大正5(1916)年自由恋愛の実践と批判された三角関係から神近市子による刃傷沙汰(日蔭茶屋事件)に巻き込まれるが,これを機に伊藤野枝家庭を持つ。『文明批評』『労働運動』の刊行とともに,アナキズム色を鮮明にした。9年日本社会主義同盟の創設に参加。この間,ロシア革命に強い関心を示すが,否定的評価を下すに至る。12年2月ベルリン無政府主義者大会に出席のため,密出国。パリ近郊のメーデーに参加して検挙され,強制送還された。帰国後,アナキストの自由連合組織を画策するが,関東大震災下に妻野枝,甥橘宗一と共に軍部に虐殺された。<著作>『大杉栄全集』<参考文献>大沢正道『大杉栄伝』

(小松隆二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおすぎさかえ【大杉栄】

1885‐1923(明治18‐大正12)
無政府主義の社会運動家,理論家。香川県丸亀に職業軍人の子として生まれる。1901年名古屋の陸軍幼年学校中退。05年東京外国語学校仏語科卒業。在学中,足尾鉱毒事件に関心をもち,平民社に出入りする。06年東京市電値上反対事件で入獄し,獄中では〈一犯一語〉主義で外国語を独学する。同年,黒板勝美,千布利雄らと〈日本エスペラント協会〉を創立する。堀保子と結婚。幸徳秋水の影響で無政府主義者となり,直接行動論の立場をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおすぎさかえ【大杉栄】

1885~1923) 社会運動家。香川県生まれ。東京外国語学校卒。アナーキストとしてアナ-ボル論争に参加するなど、大正期の労働運動に大きな影響を与えた。関東大震災の際、妻伊藤野枝らとともに憲兵大尉甘粕正彦らに虐殺された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大杉栄
おおすぎさかえ
(1885―1923)

大正時代の社会運動家、無政府主義者。明治18年1月17日香川県に生まれる。名古屋陸軍幼年学校を退校して上京、1906年(明治39)東京外国語学校卒業。03年幸徳秋水(こうとくしゅうすい)、堺利彦(さかいとしひこ)らが興した平民社を訪ね、以後研究会に出席、06年2月日本社会党に参加し、電車賃値上げ反対運動で先頭にたって起訴され、収監される。07年2月日刊『平民新聞』に「欧洲社会党運動の大勢」を発表、直接行動派の立場を明らかにし、幸徳をしのぐアナキズム理解者となる。同年3月クロポトキンの翻訳「青年に訴ふ」が新聞紙条例違反となり起訴され収監、08年1月の金曜会屋上演説事件で再度入獄する。同年6月の赤旗事件では、堺、荒畑寒村(あらはたかんそん)、山川均(ひとし)らとともに2年半の懲役刑を受ける。獄中でクロポトキンの影響から脱し、出獄後は大逆(たいぎゃく)事件後の「冬の時代」下、堺の時機待機論を批判して、12年(大正1)10月荒畑と文芸思想誌『近代思想』を創刊、生の拡充と創造を説き、社会的個人主義を確立していく。14年9月「知識的手淫(しゅいん)」と自嘲(じちょう)して『近代思想』を廃刊し実際運動に踏み切るが、月刊『平民新聞』、第二次『近代思想』は連続して発禁となる。このころ神近市子(かみちかいちこ)と結ばれ、ついで伊藤野枝(いとうのえ)とも結ばれるが、このような恋愛関係は新旧の同志からも批判を受け、16年11月には神奈川県葉山(はやま)の日蔭茶屋(ひかげちゃや)で神近に刺されるという事件を引き起こす。
 1917年12月東京・亀戸(かめいど)の労働者街に移り、『文明批評』を、さらに和田久太郎(わだきゅうたろう)、久板卯之助(ひさいたうのすけ)とともに『労働新聞』を創刊、19年10月には第一次『労働運動』を創刊してサンジカリズム運動の先頭にたつ。20年8月日本社会主義同盟の発起人になり、ボリシェビキ派と協同するが、ロシア革命評価などをめぐってしだいに批判を強め、22年9月の日本労働組合総連合大会では自由連合論を支持してボル派と激しく対立。翌大正12年9月16日、関東大震災の戒厳令下、甘粕正彦(あまかすまさひこ)憲兵大尉らにより伊藤野枝、甥(おい)の橘宗一(たちばなむねかず)とともに勾引(こういん)、虐殺された。[荻野富士夫]
『『大杉栄全集』全12巻・補巻1(1963~65・現代思潮社) ▽大沢正道著『大杉栄研究』(1971・法政大学出版局) ▽秋山清著『大杉栄評伝』(1976・思想の科学社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大杉栄の言及

【アナーキズム】より

…この後に直接的テロ行動と,アナルコ・サンディカリスム運動との一時期が続くが,19世紀末におけるアナーキズム理論の集大成者はクロポトキンであり,彼は〈無政府共産制〉という標語で平等思想を徹底させ,明治・大正期の日本にも影響を与えた。 日本では明治30年代末に煙山専太郎や久津見蕨村によって無政府主義の紹介がなされているが,社会運動の中でそれを推進したのは,クロポトキンとも文通して1908年に《麵麭(パン)の略取》を翻訳公刊した幸徳秋水や大杉栄らである。このグループは1907年以来〈直接行動派〉と呼ばれるが,20年代初頭のアナ・ボル論争を経て勢力は衰退し,大正末から昭和初めにかけては無産運動の周辺部にとどまった。…

【アナ・ボル論争】より

…第1次世界大戦後,日本の社会運動内部に生まれたアナルコ・サンディカリスムとボリシェビズムの2潮流による思想上,運動上の対立。大戦後労働運動が高揚し,そのなかに1920年ころから大杉栄らのアナルコ・サンディカリスムの思想が強い影響力をもつようになった。一方1917年におこったロシア革命の研究が山川均らによってすすめられ,ボリシェビキの影響もみられるようになった。…

【甘粕事件】より

…関東大震災後の1923年9月16日に東京憲兵隊麴町分隊長甘粕正彦らが無政府主義者大杉栄らを計画的に殺害した事件。大震災による戒厳令のもとで亀戸事件など軍隊・警察による社会主義者迫害が続いたが,甘粕は東京憲兵隊特高課の森慶次郎曹長と大杉を探索し,この日大杉が妻伊藤野枝と神奈川県鶴見に弟の勇を見舞い,7歳のおい橘宗一をつれて帰宅するところを東京憲兵隊本部に連行し,3人を絞首し,死骸を構内の古井戸に埋めさせた。…

【伊藤野枝】より

…また結婚問題を通じて家族制度の矛盾を痛感し,平塚らいてうを中心とする青鞜社に参加,著作活動で〈新しい女〉の一人となった。1915年後期《青鞜》を主宰,アナーキストの大杉栄に近づき弱者の正義に生きようと,16年,夫と子を捨て世間の非難をこえて彼と同棲し,《文明批評》《労働運動》などを共に編集する。また労働運動にも参加,赤瀾会の結成に加わった。…

【神近市子】より

…1914年《東京日日新聞》の記者になったころから社会主義者と交流。多角恋愛に悩んで,16年葉山日蔭茶屋で大杉栄を傷害,2年の刑を受けた。出獄後は文筆生活に入り,《女人(によにん)芸術》に参加したほか,35年には夫の鈴木厚と《婦人文芸》を創刊。…

【近代思想】より

大杉栄荒畑寒村によって1912年10月に創刊された思想・文芸誌。月刊。…

【進化論】より

…他方,明治後半より大正年代にかけて,当時のいわゆる社会主義者たちが進化論に関心を寄せた。幸徳秋水,大杉栄,堺利彦,山川均らであり,大杉は《種の起原》の翻訳もした(1914以降)。だが生存競争説は,社会主義への攻撃の論拠にも使われた。…

【平民新聞】より

…その後,幸徳らの流れは同年6月から森近運平編集の《大阪平民新聞》(後《日本平民新聞》と改題)に受け継がれたが,08年5月(第23号)をもって廃刊。また,大杉栄と荒畑は14年10月15日に月刊《平民新聞》を発行したが,毎号発売禁止という過酷な弾圧にあい翌15年3月の第6号で廃刊した。【有山 輝雄】。…

【マルクス主義】より

…また堺や山川均,荒畑寒村らも《社会主義研究》や《新社会》を発刊して,〈我々の旗印とは何ぞや,曰くマルクス主義である〉と宣言(1919)し,労農ロシアのボリシェビズムへと向かった。一方,大杉栄は荒畑寒村とともに雑誌《近代思想》を創刊(1912)し,アナルコ・サンディカリスムの立場から新しい思想的啓蒙を行っていたが,クロポトキンの《相互扶助論》の訳出をはじめ,アナーキズムを広める活動を行った。こうして,1921年前後に両者の対立は〈アナ・ボル論争〉として激化し,労働運動にも大きな影響を与えたが,やがて堺や山川らは国際共産主義運動と結びついて日本共産党を結党し,〈アナ・ボル論争〉もボリシェビズムが勝利して,日本のマルクス主義の基調となった。…

【民衆芸術論】より

…大正デモクラシーの思潮の中から,芸術の民衆化,あるいは民衆の芸術参加という課題が浮かび,〈民衆芸術とは一般平民のための芸術〉と規定した本間久雄の論文〈民衆芸術の意義及び価値〉(1916)が論議の発端になった。安成貞雄,加藤一夫,大杉栄,平林初之輔,生田長江などが発言したが,本間が民衆を教化する芸術を論じたのに対し,急進的な大杉は〈民衆によって民衆の為に造られ而して民衆の所有する芸術〉と規定して,労働階級の政治的自立と芸術的自立の同時達成を主張し,両者の論旨が有効にかみあうまでにいたらず,論議は労働文学や民衆詩などと一つになって,大正末年のプロレタリア文学をめぐる大渦の中に吸収されていった。ロマン・ロラン《民衆芸術論》の刊行(1917,大杉栄訳)は一つの収穫であった。…

【民本主義】より

…そこから彼は,代議政治による〈民衆的監督〉の制度化,普通選挙,責任内閣制の実現等をねばり強く追求し,他方で枢密院,貴族院,軍部等の非立憲的勢力の政治介入を極小化しようとした。だが山川均や大杉栄ら,大逆事件後の〈冬の時代〉をくぐってきた社会主義者などは,これを天皇主権論との対決を回避した微温な妥協理論だと批判した。他方,吉野の中に偽装せる共和主義者を見てとって,弾圧・抹殺を試みた司法官僚や軍関係者らの動きもあった。…

※「大杉栄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大杉栄の関連キーワードアナアナーキストアナキストターヘルアナトミア国菌関西一岩佐作太郎鮫島重雄逸見直造渡辺政太郎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大杉栄の関連情報