コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働新聞 ろうどうしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働新聞
ろうどうしんぶん

北朝鮮の代表的新聞。朝鮮労働党中央委員会機関紙として 1945年創刊。8ページ立ての朝刊

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

労働新聞

日本労働党が発行する機関紙。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうしんぶん【労働新聞】

朝鮮労働党中央委員会の機関紙で,朝鮮民主主義人民共和国の代表的な日刊新聞。1946年9月北朝鮮労働党の成立にともない,北朝鮮共産党機関紙《正路》が朝鮮新民党機関紙《前進》を統合して発足した。朝鮮戦争以後は漢字を全廃し,横書き体裁をとっている(漢字を使っていた時期の原題号は《労動新聞》)。国際問題等について共和国の公式見解が無署名の論説の形で掲載されることが多く,政府機関紙《民主朝鮮》より重要である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の労働新聞の言及

【大杉栄】より

…その後,保子と別れ,野枝と一緒になる。18年亀戸の労働者街に移住し,野枝と《文明批評》(1~3月)を,和田久太郎,久板卯之助らと《労働新聞》(4~7月)を創刊。第1次大戦後,労働運動が高まっていくなかで,自主自活的労働の促進を目的とする《労働運動》を19年に近藤憲二,和田,久板らと創刊する。…

【評議会】より

…26年末に総同盟など右派の脱退によって労農党が分裂した後は,日本農民組合とともに同党の支柱となった。機関紙《労働新聞》は評議会結成前の25年1月,総同盟関東地方評議会の機関紙として創刊され,はじめ月刊,後に月2回刊で28年3月まで通算61号刊行された。【二村 一夫】。…

※「労働新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

労働新聞の関連キーワード日本労働組合全国協議会ノーボエ・ブレーミヤ日本労働組合評議会レオ ヒューバマン公共職業安定所ヒューバーマン公共職業訓練校労働力の流動化久板 卯之助失業対策事業雇用対策法本山 茂貞渡辺政太郎久板卯之助1号写真職業訓練鄭 夏哲先軍政治金正恩大杉栄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働新聞の関連情報