コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乏毛症 ぼうもうしょうhypotrichosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乏毛症
ぼうもうしょう
hypotrichosis

毛が少い状態で,全身性と局所性がある。 (1) 全身性乏毛症 先天性全身性乏毛症は遺伝的素因で毛包数が少いことによる。歯牙形成不全,爪甲異常,掌蹠角化症,無汗症などを伴う。また,先天性外胚葉形成不全症の一症状として現れることもある。後天性全身性乏毛症は,毛包数の減少ではなく,毛の細小化や脱毛,毛包組織の萎縮,変性,破壊などによる。粘液水腫やシモンズ病のような内分泌障害に合併したり,放射線障害とか出産後に一過性にみられることがある。 (2) 局所性乏毛症 外陰部乏毛症あるいは無毛症などがある。腋窩や外陰部に生じることが多く,女子に多い。男性ホルモン軟膏を外用すると,容易に正常の発毛状態に戻る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の乏毛症の言及

【脱毛症】より

…(8)瘢痕(はんこん)性脱毛症 毛母部の瘢痕性破壊による脱毛症で,脱毛性毛囊炎,萎縮性脱毛症などがこれに入る。(9)先天性脱毛症 先天的に毛の欠如した無毛症や,毛の少ない乏毛症もある。これらの症状は,ある種の症候群の部分現象として起こることもある。…

※「乏毛症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

乏毛症の関連情報