一過性(読み)イッカセイ

  • いっかせい イックヮ‥
  • いっかせい〔イツクワ〕

デジタル大辞泉の解説

病気の症状などが一時的であること。「一過性発熱」
現象が一時的ですぐ消えること。「一過性のブーム」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 医学で、症状が短期間起こり、すぐ消える性質。また、一般に、すぐに現れて、またすぐに消えてしまうような性質。
※楡家の人びと(1964)〈北杜夫〉二「街に一過性の流言蜚語が流れたことがある」
※蛍川(1977)〈宮本輝〉雪「一過性の脳溢血だが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一過性の関連情報