一過性(読み)いっかせい

精選版 日本国語大辞典 「一過性」の意味・読み・例文・類語

いっか‐せい イックヮ‥【一過性】

〘名〙 医学で、症状短期間起こり、すぐ消える性質。また、一般に、すぐに現れて、またすぐに消えてしまうような性質。
※楡家の人びと(1964)〈北杜夫〉二「街に一過性の流言蜚語が流れたことがある」
蛍川(1977)〈宮本輝〉雪「一過性の脳溢血だが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「一過性」の意味・読み・例文・類語

いっか‐せい〔イツクワ‐〕【一過性】

病気の症状などが一時的であること。「一過性発熱」
現象が一時的ですぐ消えること。「一過性ブーム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android