コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙女高原 おとめこうげん

1件 の用語解説(乙女高原の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕乙女高原(おとめこうげん)


山梨県北部、秩父(ちちぶ)連峰の国師ヶ(こくしが)岳(標高2592m)から南に分岐した尾根筋上の倉沢(くらさわ)山(同1762m)南東側中腹一帯をいう。標高1600~1700m前後の平坦(へいたん)面が広がる。ハイキングコースとスキー場がある。周辺をシラカンバ樹林がおおい、レンゲツツジが群生する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乙女高原の関連キーワード日高秩父奥秩父秩父宮秩父青石秩父絹秩父縞秩父銘仙秩父系ちちぶ秩父志ら藤

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乙女高原の関連情報