コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九七式戦闘機 きゅうななしきせんとうき

1件 の用語解説(九七式戦闘機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九七式戦闘機
きゅうななしきせんとうき

日本陸軍初の低翼単葉戦闘機。中島飛行機の設計,製作。ノモンハン事件から太平洋戦争初期までの代表的な戦闘機で,旋回性能と操縦性に優れ,当時世界最優秀機の評判をとった。 1942年アメリカ軍のB-25爆撃機が日本本土を空襲するようになると,迎撃に向かっても追撃することができず,第一線からは退いたが,その後も練習機として生産された。エンジンが金星九 (870馬力) 1,乗員1,全長 7.53m,全幅 11.33m,総重量 1790kg,最大速度時速 470km,航続距離 627km。武装は 7.7mm機関銃2,25kg爆弾4を搭載。総生産数は練習機を除いて 3386機。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九七式戦闘機の関連情報