コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九九式艦上爆撃機 きゅうきゅうしきかんじょうばくげきき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九九式艦上爆撃機
きゅうきゅうしきかんじょうばくげきき

日本海軍の最初の単葉の艦上爆撃機。愛知航空機が 1936年に開発に着手,1938年に初飛行,1939年に制式機となった。日中戦争後期から太平洋戦争での真珠湾攻撃マリアナ沖海戦まで艦上爆撃機の主力機として使われた。可変ピッチ・プロペラと翼下に起倒式空気制動板をもった近代的急降下爆撃機。脚は固定式。エンジンは金星 (1000~1300馬力) 1,乗員2,全長 10.23m,総重量 3800kg,最大速度時速 427km,航続距離 920~1350km。武装は 7.7mm機関銃3,400kg爆弾1を搭載。 1295機が生産された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

九九式艦上爆撃機の関連情報