コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九六銭 クロクゼニ

デジタル大辞泉の解説

くろく‐ぜに【九六銭】

江戸時代、銭差(ぜにさし)に通した銭九六文を百文として通用させたこと。また、その九六文の銭。くろく。くろくびゃく。→丁百(ちょうびゃく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろくぜに【九六銭】

江戸時代に銭九十六文を「さし」に通してまとめ、百文として通用させたこと。くろく。くろくひゃく。省銭しようせん。 → 丁銭ちようせん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

九六銭の関連キーワード江戸時代六突きちょう丁百省銭

九六銭の関連情報