コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁百/調百 チョウビャク

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐びゃく〔チヤウ‐|テウ‐〕【丁百/調百】

江戸時代、銭96文を100文に通用させた慣行に対して、100文をそのまま100文として勘定すること。丁銭調銭。→九六銭(くろくぜに)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうびゃく【丁百】

ちょうど百。 「おもへばをしき命、今二十二年生き給へば-なり/浮世草子・永代蔵 1
江戸時代、一般には銭九六文を百文として通用させた九六銭くろくぜにに対し、百文をもって百文としたこと。丁百銭。丁銭。調百。満百銭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

丁百/調百の関連キーワード浮世草子江戸時代九六銭永代蔵六突き

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android