コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九品中正法(読み)キュウヒンチュウセイホウ

大辞林 第三版の解説

きゅうひんちゅうせいほう【九品中正法】

中国、三国魏から隋初期まで行われた官吏登用法。地方に中正という官を置き、志望者を九品(九等)に分けて推挙させ、それに基づき中央で官品(官吏の等級)を与えた。豪族子弟による官職独占の弊をもたらし貴族政治を成立させた。九品官人法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android